OpenText World Japan 2022

 “Be Digital”―――。それは近年対応が急がれたペーパレスなどのデジタル化だけではなく、業務プロセスをデジタル化することにより、効率化と生産性を向上することです。いまやグローバルでビジネスを展開する企業にとって、社会情勢の変化や法制度の改正、そして業際化による取引先の拡大など、変化へ柔軟かつ迅速に対応するための”Be Digital”こそが、サステナブル経営の根幹といえます。
 本イベントではこのような変化への対応に向けた、デジタルワークプレイスの実現とサプライチェーン高度化に向けた最新情報、そしてデジタル化に取り組まれているお客様事例を紹介します。デジタル変革のヒントはここにあります。是非ご参加ください。

開催概要

日時2月17日(木) 13:30 - 15:45
会場オンラインセミナー
主催オープンテキスト
協力日経クロステック Active
定員110名
受講料無料
問い合わせOpenTextセミナー事務局(オープンテキスト株式会社内)
TEL. 03-4560-7705 E-Mail. jpmkt-group@opentext.com
備考定員になり次第締め切らせていただきます。
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーアドレス、競合の場合などお断りする場合がございます。ご了承ください。

プログラム


13:30 - 13:40

ご挨拶

オープンテキスト
代表取締役社長
反町 浩一郎


13:40 - 14:30

DX推進と企業競争力の強化に向けた政策展開
~ デジタル化の本質と国内外の動向を交えて ~

経済産業省
商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長
和泉 憲明 氏

経済産業省が2018年に発表した『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』は、 既存のITシステムが足かせとなって競争力を失ってしまうという「2025年の崖」問題を指摘しました。 その後、新型コロナウイルスという不幸な事案は、デジタル化に関する多くの課題を表出させるとともに、 地方・中央、大企業・中小企業の区別無く、あらゆる企業をグローバルな競争に巻き込んでいます。 このような変革を乗り切り、企業競争力を強化するという観点から、今回、DXレポートの政策担当官が デジタル化の国内外の事例や動向を交えながら、関連する政策展開について速報も含めて紹介します。


14:35 - 15:15

<セッションA>
企業情報DXの最新トレンド

オープンテキスト
ソリューションコンサルティング本部 リードソリューションコンサルタント
西野 寛史

~いま企業が向かおうとしているデジタル化の方向性とビジョンについて~

いわゆる文書に代表される「非構造化データ」は、企業が持つデータの80%を占めると言われています。構造化されていないが故にデータベースの「外」にサイロ化して散在しており、情報の利活用を阻害しています。情報を制する者が勝負を制する今日のサステナブル経営においては、こうした企業情報の利活用が重要な鍵になるのは間違いありません。そこに向けた取り組みが「企業情報DX」です。本セッションでは、企業情報DXを支える文書管理プラットフォームに求めらえる要件や解決方法について解説するとともに、いま企業が取り組み始めているデジタル化の方向性についてご紹介いたします。


15:15 - 15:45

<セッションA>
営業管理コスト改善!そのカギは営業プロセスの標準化と効率化にあった!
NECが実践するOpenText活用による案件管理の仕組みとは?

日本電気
サービス&プラットフォームSI事業部 事業部長代理
嶋村 寿 氏

営業活動の効率を高める営業プロセスの標準化は、中長期にわたる成長へのエンジンです。
実際に営業プロセスを見直し、コンテンツ管理による標準化を進めたことで、作業の効率化が図られただけではなく、内部統制上の効果や、電帳法にも対応できる受け皿としても機能するなど、多くのメリットが確認されています。またRPAとの連携による自動化で、コア業務への集中も可能になるなど、コンテンツ管理による営業プロセスの標準化は、DXへの第一歩として大きく期待されています。本セッションでは、OpenText Extended ECMにより営業プロセスの標準化と効率化に成功されたNEC様の事例をご紹介いただきます。





14:35 - 15:15

<セッションB>
サプライチェーン危機へいかに対応するか

オープンテキスト
ソリューションコンサルティング本部 リードソリューションコンサルタント
山本 惟司

マニュアル業務の根絶から始まるレジリエントでエシカルなサプライチェーン実現へ

昨今、多くの企業の課題となっているのが業務のデジタル化です。 特にサプライチェーン領域において顕著なのがFAXや電話あるいはEメール添付による受発注や販売業務です。従業員の働き方が変わり、国外に新たな法規制が制定され、自然災害などによるサプライチェーンの断絶、そしてカーボンニュートラルやエシカル(倫理的)調達への対応は経営に直結する課題といっても過言ではありません。いま世界のサプライチェーンでは何が起きて、今後どうなっていくのか。グローバルの先進企業が選んだ、サプライチェーンプラットフォームのあるべき姿をご覧ください。


15:15 - 15:45

<セッションB>
業務デジタル化の大きな壁 ”FAX撲滅” も見据えた
積水化学の次世代サプライチェーンプラットフォーム

積水化学工業
デジタル変革推進部 情報システムグループ 課長 石川 治 氏
デジタル変革推進部 情報システムグループ 堀 平良 氏

2030年までの業容倍増に向けてSAP S/4HANAを導入し、DX 戦略を進める積水化学様が直面した課題は、B2Bの受注業務でした。積水化学様の取引先約8,000 社のうち、75%(6,000社)を占める小規模な代理店や工務店からの受注はFAX、メール添付、電話で行われていたため、基幹システムへのデータ入力作業が必要で、過大な負荷がかかっていました。脱FAXやペーパーレス化といった様々なメリットをもたらすB2B連携のモダナイズですが、基幹システムの円滑なクラウド化、SAP S/4HANA化に向けても非常に重要な、B2B連携のクラウド化を進められている積水化学様の事例をご紹介いただきます。