コロナ禍3年目!
いつまで経っても実現しないゼロトラストになっていませんか?

 ゼロトラストは「戦略」です。新しいソリューションを導入しただけではゼロトラストを実現することはできません。リモートアクセスのセキュリティ強化やEDRの導入などは戦略のための1つの手段に過ぎません。しかし、部分的な増強や老朽化を見据えた更改など、本質的な対応を後手に回したままゼロトラストというキーワードを絡めているケースが散見されます。多くの企業が失敗している理由はここにあります。
 本セミナーでは、ゼロトラストを考えるにあたって中心に据えるものは何なのか、またどのようにセキュリティプラットフォーム全体を変革し、運用していくべきかを最新かつ実績豊富なアプローチでご紹介します。ご多忙中のこととは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

このようなお客様の課題を解決するセミナーです。
・ゼロトラストやSASEを検討中のお客様
・CASBを検討中のお客様
・エンドポイントセキュリティの見直しを検討中のお客様

開催概要

日時4月15日(金) 11:00 - 12:00
会場オンラインセミナー
主催IIJグローバルソリューションズ
共催パロアルトネットワークス
テクマトリックス
協力日経クロステック Active
受講料無料(事前登録制)
問い合わせIIJグローバル セミナー事務局
備考お申込後に参加方法をご連絡します。ご利用の環境によりご参加いただけない場合がありますことをご了承ください。
本セミナーはCisco Webex Eventsを使用しております。
本セミナーは録画いたしますが、視聴者の方のビデオ・音声がレコーディングされることはございません。
講演の内容、講師は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

プログラム


11:00 - 11:25

その取り組み、「なんちゃってゼロトラスト」になっていませんか?

パロアルトネットワークス
チーフサイバーセキュリティストラテジスト
染谷 征良

事業継続性の確保や競争力の強化を目的に、ビジネスプロセスのデジタル化やインフラの刷新が進む中、サイバーセキュリティ分野では「ゼロトラスト」に多くの関心が寄せられています。しかしながら、その取り組みは大きく二極化の傾向にあり、ゼロトラストとは言い難いものも散見されます。このセッションでは、昨今のサイバーセキュリティリスクの最新動向と国内企業・組織のゼロトラストへの取り組みを振り返りながら、ゼロトラストの実現に向けて押さえるべきキーポイントと注力するべき具体策をご紹介します。


11:25 - 11:50

DX推進企業が選ぶ『SASE2.0』と真のゼロトラスト戦略

IIJグローバルソリューションズ
シニアコンサルタント
原 毅

企業ごとにDXの姿が異なることと同様に、成し遂げたい業務やワークプレイスの形に応じて求められるプラットフォームも変わってきます。
また1つのソリューションを導入しただけではゼロトラスト戦略を実現することはできません。
本セッションでは、コロナ禍で大注目のSASEの先を見据えた『SASE2.0』を定義し、ビジネスの変化に柔軟に対応していくにはどうするべきかをSASEスペシャリストが解説します。


11:50 - 12:00

質疑応答



染谷 征良
パロアルトネットワークス チーフサイバーセキュリティストラテジスト
染谷 征良 20年以上にわたり欧州、北米、日本のサイバーセキュリティ業界において、セキュリティ戦略、クライシスマネージメント、競合戦略、製品・技術戦略まで幅広い経験を有する。世界各地の全社員の中から選ばれる年間最優秀社員賞をセキュリティベンダー2社から受賞。パロアルトネットワークスでは、日本のサイバーセキュリティ戦略に関するエバンジェリストとして、最新のサイバーセキュリティ戦略や施策、技術に関する啓発を担当。2015年よりRSA Conference Asia Pacific & Japan Program Committee プログラム委員。2020年よりZDNet Japan「ビジネス視点でわかるサイバーのリスクとセキュリティ」連載中。
原 毅
IIJグローバルソリューションズ シニアコンサルタント
原 毅 SASEのみならずネットワーク・セキュリティからサーバまで多様な分野において、コンサルティング業務から実際のプロジェクトまで幅広く従事。現在はIIJグローバルでお客様企業の課題解決を支援するコンサルティング業務を担当。企業のデジタルワークプレイス変革に向けて活動している。