資料の紹介

 売上や利益を伸ばすための具体的な施策を見つけるには、データの可視化が有用だ。そのために多くの企業がビッグデータの活用に取り組んでる。しかし、一度に可視化できるデータ量が少ない、同時に利用できるユーザー数を増やすとコストがかかる、といった状態で、実務に活用できないことが多い。こういった用途に使うのがBI(ビジネスインテリジェンス)ツールだが、これまでのBIツールでは数億件のデータを処理するのが限界で、同時に利用できるユーザー数を増やすとコストがかかった。

 ニーズに合わせて、BIツールはディスク型からインメモリ型へと進化し、大容量のデータを高速処理することが可能になった。しかし、想定を超えて扱う件数が増え、数十億件レベルの処理件数も珍しくなくなってきた。インメモリ型でもパフォーマンスの低下は避けられず、限界を感じている企業も多い。

 本資料では、インメモリーよりもさらに高速なCPUのキャッシュメモリーを利用する次世代型BIツールを、さまざまな観点から紹介する。10億件のレコードを1サーバーで動作させ、100ユーザーで同時使用した場合のベンチマークテスト結果を示し、キャッシュ活用のメリットといった技術的な側面を解説する。併せてデータ可視化が経営にもたらす重要性、多業界への導入実績と効果について触れている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。