資料の紹介

 放射能の検出や、スーパーカミオカンデにおけるニュートリノの検出のように、ごくわずかな光を検出する用途では従来、光電子倍増管が使われてきた。これは1000V程度のバイアス電圧をかけた状態で、わずかに一つの光子が入射すると、それをマイクロチャンネルや蛍光体などを通して増幅し、検出感度を上げる装置だ。しかし真空管ゆえに価格は高く用途は限られていた。

 自動運転車に欠かせないLiDAR(Light Detection and Ranging)は、レーザー照射による微小な反射光を検出する装置。オン・セミコンダクターは、このLiDARにも使えるシリコンフォトマルチプライヤ(SiPM)と呼ぶ2次元SPAD(Single Photon Avalanche Diode)アレイを開発した。2次元アレイを一つにまとめれば、光の検出感度を上げることができる。このため、真空管に代わる固体の光電子倍増管として、医療イメージング装置や放射線検出器、生命科学などの応用が開けてくる。

このアプリケーションノートは、シリコンフォトマルチプライヤ(SiPM)センサの概要から原理までを述べており、わずかな光を受けて信号を増幅していく様子を理解できる。微小の光や放射線などを高感度に検出する応用を考えているエンジニアにとって一読の価値がある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。