資料の紹介

 ビジネスにおけるITの重要性が高まるにつれ、セキュリティインシデントが企業に及ぼすダメージは大きくなっている。特に、担当者の誤操作や内外からの不正アクセスによるシステム障害や情報漏洩は、直接的な金銭的損失だけでなく、企業イメージの低下による大幅な収益の悪化につながる可能性がある。

 しかし、企業によっては、少人数でシステムを管理しているため、必要なセキュリティ対策を講じるのに十分な体制や予算を確保するのが難しいケースもある。さらに、セキュリティ対策とシステムの使いやすさはトレードオフの関係にあるため、セキュリティを強化して業務効率が低下した場合、シャドーITが蔓延することにもなりかねない。

 本資料では、セキュリティ対策の中でも特に、不正アクセスに対する「最後の砦」となる特権IDを、様々な業種・業態・規模の企業がどのように管理しているのか、その事例を紹介する。それぞれについて、当初抱えていた課題、導入目的、特権ID管理ソリューション選択の理由などの概略をまとめた。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。