資料の紹介

 Webセキュリティの世界で、悪性Bot(ボット)による被害が深刻化している。あるWebサイトで分析したところ、アクセス全体の40%がBotであったという。悪性Botは特定の企業サイトをスキャンして脆弱性を見つけ出し重要情報を盗んだり、スパムコメントを残したりする。そして、Webサーバーやネットワークなどに過剰な負荷をかける攻撃(DDoS 攻撃)を仕掛けたりする。そして厄介なことに、従来のWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)で防御することが難しい。

 根本的な対策を怠ると、Webサイトのパフォーマンスが非常に低くなる恐れがある。今後もさらに複雑化・高度化する悪性Botからの攻撃を防ぐには、事前に検知/ブロックするサービスの導入が望ましい。新たなサイバー攻撃にはそれを受けて立つ新技術で対抗するしかない。

 本資料では、Webサイトを取り巻く現状を皮切りに、具体例を挙げながらBot攻撃の傾向とリスクを紹介。さらに最新の対抗策を解説した上で、クラウド型Webセキュリティサービスによる劇的な効果を示した。本サービスにより悪性Bot由来のトラフィックを半減し、安定的なWebサービスが利用できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。