資料の紹介

 自動車を取り巻くテクノロジーは今、かつてないほどの大きな変革期にある。化石燃料から電気、さらに水素へのエネルギーシフト、AIやセンサーの進歩により実現する自動運転、そして通信と融合するコネクテッドカーなど、研究者、技術者は今までにないもの、革新的なものを研究し、自動車の世界を変えるイノベーションを起こそうとしている。

 研究開発の現場では、実際のハードウエアを用いた物理的な実験から、コンピュータを用いたシミュレーションまでを統合することで、実験や開発にかかる時間を短縮し、アイデアを素早く試作できるシステムを構築している。本資料では、実際にメーカーや大学が取り組んでいる6つの研究開発の事例を紹介する。

 例えば、SUBARUの事例では、屋内で車両を動作させながら、テストコースや公道での運転を再現した模擬状況を作成するシステムを構築。これにより、天候や路面状況の変化といった要因の影響を受けずに走行試験が可能になり、開発期間の短縮に繋がると期待されている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。