資料の紹介

 企業活動を支えるネットワークで発生する障害の実に50%以上は、ケーブルやコネクターといった物理層に起因するという。さらに、LANの性能はコネクターとの接続やケーブルの引き回しなどの状況によって変化するため、作業者のスキルレベルや施工環境によっては、規格が定める性能を下回ってしまうこともある。

 そのため、LAN配線の構築後に確実な信号伝送を保証するには、性能要件を満たしているかどうかを様々な規格に基づき試験する必要がある。この認証試験を適正に実施するために作業者が知っておかなければならないのが、「ISO」「JIS」「TIA」によって定められている配線規格および認証試験結果としての「試験成績書」、試験に用いたケーブル・テスターの「校正証明書」、「トレーサビリティ・チャート」の3つの文書である。

 本資料では、最新の規格やテクノロジーの動向をはじめ、LAN配線の構築時に必要な基礎知識と注意事項を丁寧に説明する。さらに、問題が起こった場合の具体的な診断方法や規格に基づく信頼性の高い認証試験、効率的なトラブルシューティングをする上で最適なフィールド・テスターに関する基礎知識について解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。