資料の紹介

 より一層のスピードがビジネスに求められる現在、トラフィックの集中によってシステムやWebサイトのレスポンスが悪化すれば、業績に悪影響を与えかねない。一方で、デスクトップ仮想化やコンテナ型仮想化、その他のクラウド・仮想化技術の普及により、社内システムのトラフィック量は増加の一途をたどっている。

 そうしたなか、社内のシステムやサーバー運用を安定させるために、ロードバランサーの重要性が高まっている。しかし、ロードバランサーのほとんどは比較的高価・高性能な製品であり、しかも海外製品が多いため、コスト面やトラブル時のサポートへの懸念から、中小企業ではまだまだ導入が進んでいないのが実状だ。

 本資料では、必要十分な機能に絞り込むことで低価格を実現し、日本語GUIで簡単に立ち上げ可能な国産のソフトウエアロードバランサーを、導入事例とともに紹介する。国内で10年余り提供しているアプライアンス版の機能をソフトウエアで提供する。帯域やコア数による制限がなく、サブスクリプション型で初期費用がかからないため、通信量の変動が大きい組織や、IT予算が限られている組織に向くという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。