資料の紹介

 ワープロや表計算などの日々の業務において使うツールとして、多くの企業が導入している「Microsoft Office」。現行製品には「Office 2019」の永続(買い切り)ライセンス型と「Office 365」のサブスクリプション型がある。両者は購入方法に違いがあるが、実はPC管理者の立場から見るとそれだけではないのである。

 「Office 365」はクラウド版として語られることが多いが、デスクトップ版Officeアプリケーションに加え、1TB の「OneDrive」、メールサービス「Microsoft Exchange Online」、メッセージングシステム「Microsoft Teams」、情報共有インフラ「Microsoft SharePoint」などのサービスを使用できる。また、Windows 10同様に、継続的なアップデートがあることも大きな特徴で「常に最新のOffice」が利用できる。レンタルPCに「Office 365」を組み合わせることで、PCレンタル料+Office 365使用料という月額の費用で予算を見積もることができる。そして、最新ソフトを含めたPCのコストを効率的に管理できる。

 本資料では、管理者目線から「Office 365」の利点を解説。レンタルPCとの組み合わせや「OneDrive for Business」の活用など、PCライフサイクル管理を強化、効率化する方法も併せて提案する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。