資料の紹介

 重要なデータを保存するファイルサーバー。個々のPCなどローカルストレージに代わりデータを共有したり、バックアップなどデータ保全にも活用される。しかし、日々蓄積されるデータは容量を圧迫するため、容量の確保は常に課題となっている。増設するにしても、アクセスログの監視などのセキュリティ対策、二重三重のバックアップ体制、万が一の時の復旧対策など求められる要件は多く、それらに対応した多機能サーバーは機能に比例して高価になり、予算を圧迫してしまう。

 ファイルサーバーの構築や運用において「付け焼き刃」的な取り組みは、可用性やセキュリティ面で問題を起こし、コスト面では無駄になりかねない。ただ単に高価なサーバーを導入するのではなく、既に社内に導入しているハードを活用して必要十分なレベルに機能を強化し、後から容量を追加する場合でもコストを抑えられるように対応するのが現実的だ。

 本資料では、既存の資産を活用しながら、より高度なストレージ運用にステップアップする方法を解説。高機能なファイルサーバー専用機に比肩する機能を「手軽に導入しやすいストレージ機器+ソフトウエア」で実現する製品を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。