資料の紹介

 Webマーケティングが隆盛の昨今、自社サービスや製品に興味を持つ見込み顧客の集客・育成をいかに効率的に行うべきか。この課題を克服すべく、リード管理の一元化を図り、マーケティングの最適化・効率化をサポートするツールとして、日本でもMA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する企業が増えている。

 米国を中心に発展してきただけに、これまでMAツールは米国製が主力となってきた。しかし近年、日本のベンダーが開発・販売するツールが急成長を見せ、シンプルでわかりやすい操作性や導入しやすいコスト設定などを武器に躍進を続ける。この事実は、日本社会でもデジタル時代に即したOne to Oneマーケティングの重要性が普及してきたことの裏返しでもある。

 本資料は、日本国内における最新版のMAに関する利用実態調査をまとめたものだ。アンケートは2019年5月に行われ、全国20~50代の1101人のビジネスパーソンに聞いている。導入済み企業の割合やツールの知名度、選定理由などが記され、“日本のMAの現在地点”が浮き彫りとなった。今後、MAツール導入を考えている企業にとっては一種の道標となるだろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。