資料の紹介

 2019年4月から働き方改革関連法が施行され、より短い時間で効率よく仕事をこなすことが求められるようになった。業種、規模によらずすべての企業で、業務の効率化が急務になっているが、果たしてどこから手をつければ確実に成果を上げられるのかと、二の足を踏んでいる企業も少なくない。

 ビジネスパーソンを対象としたある意識調査(※)では、「面倒な業務」の第一位は経費精算であり、回答者の半数が挙げている。もっとも多くの従業員が面倒に感じている業務を効率化すれば、確実に効果を上げられるうえに、多くの従業員が「楽になった」と実感することで、働き方改革に弾みが付く。一般社員のほか、管理職(承認者)、経理担当者など、多くの社員が日々携わる業務だけに、改善のインパクトは大きい。

 本資料では、経費精算から手作業を一掃する方法として、保守管理の手間が少なく、機能アップデートも随時反映されるクラウド型の経費精算システムを紹介する。運用・導入のしやすさ、直観的に理解しやすい操作方法により、効果を高めたという。ユーザー企業2社の担当者による、導入効果についてのコメントも収録している。

※ 出典:クラビス「仕事の効率に関する調査」

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。