資料の紹介

 2020年1月14日、Windows 7のサポートが終了する。以降は、セキュリティ更新プログラムも提供されなくなるため、現在、多くの企業がWindows 10へのリプレースを急いでいる。ただし、Windows 10へのリプレースによって、企業が想定していなかった問題が発見される可能性がある。それが、離れた場所にあるPCをリモートコントロールするソフトだ。

 リモートコントロールソフトは、離れた拠点にあるPC/サーバーの保守、社員が利用するPCのサポート、テレワークなどで、多くの企業が活用している。また、IT企業であれば、顧客サポートの必須ツールとして使っているケースも少なくない。じつは、この分野で高いシェアを持ち、Windows 7で広く活用されているシマンテックの「pcAnywhere」の販売が、すでに終了しているのだ。もちろん、Windows 10にも対応していないため、Windows 10へのリプレース後、代替ソフトの選択で困る企業が増える可能性があるのだ。

 本資料は、こうした企業への解決策を提供する。現在、Windows 7環境でリモートコントロールソフトを利用しているなら、有力な代替ソフトを事前に把握しておくためにも、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。