資料の紹介

 米Microchipは低消費電力の汎用品から高性能品まで、32ビットMCUを幅広く提供している。それぞれ用途に応じて、ローエンドのベースラインからミッドレンジ、ハイパフォーマンスまで、3段階の製品グレードをそろえている。設計者はこれらの32ビットMCU製品群の中から、自分の用途に合った最適な製品を選び出す必要がある。

 そこで多数の製品シリーズをわかりやすく整理したのが本資料である。同社の32ビットMCUには、ArmのCPUコアを使うSAMシリーズやMIPSコアを使うPICシリーズなどがあり、それぞれベースライン、ミッドレンジ、ハイパフォーマンスで展開している。それぞれに集積するフラッシュの容量やさまざまな周辺回路、さらに細かい機能やインタフェースまで、表を使ってわかりやすく整理している。

 製品仕様だけではない。サポートしているソフトウエアソリューションも詳しく掲載しており、ドライバやライブラリについても細かく解説している。ハードウエアの開発ツールも多数用意しており、エンジニアが自分のマイコンを手に入れる上で必要なツールが充実している。Microchipのマイコンを使いこなすためには、ぜひこのホワイトペーパーを一読してほしい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。