資料の紹介

 働き方改革は喫緊の課題である。長時間労働を減らしサービス残業を防ぐには、仕事の生産性を高めるしかない。一方で問題点はいくつもある。たとえば、経費の精算などは、提出する側、受け取る側、双方にとって面倒な業務だ。とくに手作業による領収書の仕分けは大きな負担となる。また、ワークフロー上では、稟議書、申請書の申請や承認、取り下げ、差し替え、否認などの作業も手間がかかる。

 そして働き方改革を実現するには、多様なワークスタイルの環境を整備しなければならない。外出先で仕事ができるのはもちろん、自宅からオフィスのパソコンを操作できたり、在宅勤務の形態にも対応することが大切だ。そのためには、ネットワークに関わる強力なセキュリティ機能が必要になる。

 こうした課題を解決するためにはIT活用が必須だ。本資料は、働き方改革に役立つIT活用を具体的に解説している。自社の現状を見直しながら、実現可能なところから着実に始めていくのが成功のポイントとして、「労務コンプライアンスの強化」「業務効率化」「オフィス改善」「セキュリティ強化」に焦点を当て、今すぐにスタートできるソリューションを紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。