資料の紹介

 ほぼすべてのデータはIT部門が管理するデータベースに置かれ、業務部門が分析を必要とする場合、IT部門がデータを準備し、レポートを作成する――。これが少し前までの企業におけるデータ分析の一般的な流れだった。しかし、今日のビジネス環境はめまぐるしく変化しており、そうした手順ではもはや対応できなくなっている。

 臨機応変なビジネス展開を実現するためにIT部門は今後、現場のデータ活用をサポートする「データイネーブラー」の役割も担うことになる。すなわち、信頼できるデータをアクセス可能な形で随時提供し、業務部門の担当者がデータの意味するところを理解できるように、分析、可視化、レポート作成、ダッシュボード構築までを支援する必要がある。

 本資料では、IT部門と業務部門が協力して、整合性や信頼性、コンプライアンスを確保しつつ、現場の分析ニーズに応えられるようにするアプローチを紹介する。現場の担当者がセルフサービスでデータを分析できるようにすることで、現在のビジネス環境に欠かせないタイムリーな洞察を得られると同時に、業務の効率化も実現できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。