資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーションを効果的に推進するため、データドリブン型の経営や組織を実現しようとする取り組みが、国内でも多くの企業で進みつつある。そのためのツールとして近年注目が高まっているのが、全社横断型でデータを活用できる基盤となる「データカタログ」である。

 各システムに格納されたデータから新たな価値を生み出すには、異なるシステムのデータを掛け合わせたり、俯瞰したりすることが不可欠だ。しかし、いざ複数システムのデータを掛け合わせたいと考えても、各システムにどのようなデータが存在しているのか分からないことは少なくない。この問題を解決するのが、「データカタログ」である。

 本資料では、データカタログの概要について述べ、どのようなアプローチを採ればデータカタログを効率的に実現できるかを説明する。データの管理・活用においては、サーバーやストレージといったITインフラの最適化も重要であり、働き方改革の推進や、アプリケーションのクラウド化なども併せて検討する必要も出てくるだろう。




Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
















この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。