資料の紹介

 ECや通販ビジネスを運営する上で避けて通れない課題が、倉庫運営の効率化だ。顧客の注文に応じ、在庫から的確に商品をピックアップして梱包する。しかし、取扱商品点数が増えれば増えるほど作業は膨大なものとなる。労働力市場が厳しいときに、この作業を人手に頼っていては、コストを押し上げる要因になる。

 そこで考えられるのが機械による自動化だが、消費者の需要の変化、商品の多様化など、リテールの世界は変化のスピードが早く、従来の流通センターの床に固定されたシステムでは簡単に変更できないため、変化に素早く対応できないという短所があった。

 本資料では、こうした欠点を克服した「柔軟性のある自動化」について解説する。その例の一つが、人工知能(AI)を活用した自律型モバイルロボット(AMR)の活用だ。AMRは移動経路が固定されておらず、障害物も避けて動けるなど柔軟な運用が可能だ。ロボットを作業量に合わせて倉庫全体に動的に配備することが可能で、施設内の配置換えや、施設間の移動も簡単だ。ソフトウエアの書き換えで任務の変更なども容易だ。倉庫業務が流動的な企業に適した自動化だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。