資料の紹介

 「上質なシャツを手頃な価格で提供する」をポリシーに、25年間にわたり「鎌倉シャツ」を作り続けているメーカーズシャツ鎌倉。この企業のマーケティング、出店戦略、商品開発を一手に担う企業がサダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ(SMR)である。

 「鎌倉シャツ」は限りなくフルオーダーに近い注文が可能な点が特徴だ。さまざまな箇所の部分補正が可能で、300種以上の生地から選択できる。以前の仕組みは、店舗で注文を受ける際にオーダーシートに記入し、それをSMRから縫製工場にFAXで送信するというもの。FAXだと細かい数字などが判読できないこともあり、あとからオーダーシートを郵送していた。縫製工場では、受け取ったオーダーシートを見ながらパターンシステムに入力するため、誤入力による生産ミスも発生していた。つまり時間と手間がかかっていた。

 これらの問題を解決したのが、オーダー情報をPDFにし、各店舗と本社、縫製工場の間を結ぶシステムである。本資料はそのシステムの導入事例を紹介している。以前一カ月かかっていた納期が2週間に短縮され、売り上げは2倍に増加した。現在では本社内の情報共有や各店舗への資料配付にも利用している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。