資料の紹介

 情報のデジタル化が進む現代においても使われ続けている名刺。名前や連絡先から会社の情報、組織や役職まで、情報の宝庫である。個人で管理するのはもちろんだが、チームで直面しているさまざまな業務の成果を最大化、効率化できる情報資産なので、個人が引き出しに眠らせておくのはあまりにもったいない話である。

 名刺情報を活用するには、データ化して共有するのが最も効率的である。チーム内ではもちろんのこと、部門を越えた共有資産として組織全体の利益につながる。とはいえ、データの読み取りが正確にできるか、入力したデータは安全に共有できるか、そもそも、誰がどの顧客とつながりがあるのか管理できるのか。さらに蓄積したデータを営業や販売のシステムと連携できるか。そういった課題を解決するのがネットワークに対応した「名刺管理サービス」なのである。

 本資料では、法人向けクラウド名刺管理サービスを分かりやすく紹介する。AIによる管理、社内連携、顧客データを営業システムや販売システムとの統合をステップごとに説明。実際の管理・運用サービスやセキュリティ機能まで解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。