資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が認識される一方で、経済産業省の「DXレポート」をきっかけに、ITシステムの「2025年の崖」が改めて注目されている。IT人材の不足やブラックボックス化したレガシーシステムの存在がDXを困難にしており、こうした状況が2025年に顕在化するというのだ。大手ERPベンダーによる主要バージョンのサポート終了も、事態に拍車をかける。

 社内の困りごとを抽出し、RPAやセンサー設置といった対症療法を施しているだけでは、「2025年の崖」を回避してDXを推進することはできない。今すべきは、バリューチェーン全体の価値向上、すなわちデジタル技術の活用によりバリューチェーンの壁を越え、競争力を深化させることだ。だが、従来の基幹システムは、財務会計や個別業務の効率化に注力しており、必ずしもバリューチェーン全体の価値向上には寄与していない。

 本資料では、日本の製造業における基幹システムの現状と課題を整理したうえで、これまで個々の軸に沿って最適解を追求してきたSCM、ECM、PLMについて、どのようなデータ連携でバリューチェーンの壁を越え、競争力向上を実現したかを、具体例を交えて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。