資料の紹介

 企業がサイバー攻撃を受けると、システム障害やシステムダウン、さらには顧客情報の流出などにより、ビジネスに甚大な影響が及ぶ可能性がある。こうした被害を避けるべく、多くの企業がセキュリティ対策を強化しようとしているが、潤沢な予算や人的リソースが割り当てられることはほとんどないのが現実だ。

 その間にもさまざまな業界で、新たな顧客体験を創出するサービス/商品の提供や、社内プロセスの自動化/効率化による利益拡大の実現など、新たなテクノロジーの波が押し寄せている。サイバーセキュリティはテクノロジーの進歩に追いついておらず、先を見越して手を打っておかないと、状況は悪くなるばかりだ。

 本資料は、厳しいセキュリティ対策が求められる金融サービス業界におけるソフトウエアセキュリティ対策の現状を詳細にまとめた調査報告書である。銀行、保険、証券会社などのITセキュリティ専門家400人以上に聞き取り調査をした結果を、「ソフトウエア・セキュリティ体制」「ソフトウエア/アプリケーションに対するリスク」「ソフトウエアの設計/開発におけるセキュリティ・プラクティス」の3つのトピックに分けて分析している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。