資料の紹介

 今日の企業情報システムではいまや、仮想基盤やクラウドといった仮想環境が有力な選択肢となっている。機密性の高いシステムについては、オンプレミスが第一候補となることがまだ多いものの、全体としては仮想環境へシステムを集約していく流れが顕著になっている。

 一方、企業のコンプライアンス対応や事業継続に欠かせないのがデータ保護である。そこで大きな関心事となるのが、仮想基盤に集約された多数の仮想マシンの大容量データを、業務に支障がないよう限られた時間内に、円滑にバックアップ/リストアできるかどうかである。

 本資料では、仮想環境における大規模並列バックアップの検証結果をまとめたレポートである。「仮想マシン50台のフルバックアップおよび増分バックアップ」と、「エージェントレス・バックアップで取得したバックアップデータからの仮想マシンのリストア」の2つのケースについてスループットの実測値を紹介し、結果を考察する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。