資料の紹介

 経営において「利益の最大化」は重要な目的のひとつ。そのためには予算目標の達成、セグメントごとの利益率、コスト管理など、経営者が注視すべきことは山のように存在する。これらをKPI(重要業績指標)として可視化する手段が「管理会計」だ。会社の現状を知ることで、定量的な数値に基づく合理的な経営判断が実現し、利益率を向上させられる。

 しかし財務会計と比べて管理会計には明確なルールが存在しないため、KPIの策定や運用にかかる負担は大きい。そこで重要なのは、「どのようなKPIを設定しているか」「いかに運用しているか」という他社事例を知っておくことである。他社のベストプラクティスに学び、自社のビジネスモデルを踏まえてKPIを設定することが利益率を高める秘訣となる。

 本資料では、受託請負型のBtoBビジネスにおける「管理会計で着目すべき4つのKPI」を紹介し、利益体質な会社をつくるための方法を事例と共に解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。