資料の紹介

 クラウドサービスの導入が進んでいる。以前は「一部の先進的な企業のもの」というユーザーが多かったが、総務省の「企業におけるクラウドサービスの利用動向」によると、クラウドサービスを一部でも利用している企業は56.9%となり、過半数に達している。一方、クラウド導入によるセキュリティの不安も漠然としたものから、「不正アクセスから守る方法とは」「脆弱性対応をどうすべきか」など、具体的な悩みになっている。

 クラウドサービスを利用する際のセキュリティは2つの基本原則から理解できる。1つ目は「共同責任モデル」。プラットフォームを提供する事業者とソリューションを提供するパートナー、そしてユーザー企業の三者がそれぞれ協力し、セキュリティを確保していくこと。責任範囲はオンプレミスに比べ小さくなるので、今まで費やしていたリソースをほかの業務に振り分けられる。2つ目は「多層防御」。1つの技術だけで対策するのではなく、複数のレイヤーで対策し、重要な情報に到達するまでに時間や手間がかかるようにする。つまり、攻撃しにくいシステムを作るということだ。

 本資料では、クラウドサービス提供とセキュリティサービス提供、2つのベンダーの専門家による対談から、クラウドサービスにおけるセキュリティを解説。具体的なセキュリティの在り方を図解し、実際の製品を紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。