資料の紹介

 ソフトウエアを利用してホワイトカラーの業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が注目されており、実際に導入する企業も増えている。しかし現時点ではまだ、全社規模で展開している企業は少なく、導入効果が業務の部分的な効率化に留まっているケースがほとんどだ。

 RPAの導入・展開が難航する主な理由の一つに挙げられるのが、一般的なRPA製品の多くが技術的に複雑過ぎることだ。扱いにくいユーザーインタフェースに加えて、利用形態が柔軟でなく、ユーザーによるロボットの内製が難しいために開発単価が上がり、全社展開を困難なものにしている。

 本資料では、ビジネスパーソンがすぐに利用を開始して直感的に操作できることに加え、Webベースのロボット開発環境で高い操作性と柔軟性を追求したRPAプラットフォームを紹介する。クラウドベースのアーキテクチャにより組織の成長とともにシステムを拡張できるほか、AI(人工知能)の利用を容易にする自動化支援機能も組み込んだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。