資料の紹介

 強い営業組織になるために欠かせない条件として、営業担当者から管理者への効率的で的確な「報連相(報告・連絡・相談)」がある。また、日々の活動状況もデータとして蓄積、活用できるようにしておかなければならない。

 しかし営業現場ではその「ほうれんそう」が営業担当者だけでなく、管理者にとっても大きな負担になっている。特に、報告については遅れや頻度の低さ、精度の低さなど多くの課題を抱えてい営業組織が多い。これを解消するには、新人、ベテランを問わず、精度の高い報告を管理者に迅速に上げられる仕組みをつくることが先決だ。

 本資料では、100種のテンプレートから誰でも自分の組織の営業スタイルに合わせた報告アプリがつくれるというツールを紹介する。スマホで定型文と画像/動画、位置情報などを選んでいけば、簡潔で精度の高い報告ができる。優先度を設定し、緊急の報告だけを管理者に通知することも可能。報告された情報は自動的に表形式で記録され、後から報告をまとめなおす必要もなくなるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。