資料の紹介

 企業は猛烈な速さでクラウドへの移行を進めているが、クラウド環境でアプリケーションやインフラの運用を始められるまでに、時間がかかり過ぎている傾向がある。その大きな理由の一つとして、クラウド導入の準備段階における「インスツルメンテーション(対象アプリケーションの内部状態の数値化)」が不十分なことが挙げられる。

 クラウドへの移行は通常、計画、移行、実行の3段階で実施されるが、各段階でモニタリング重要な役割を担っていることは、あまり認識されていない。例えば、単一のアプリケーションをクラウドに移行する際にはあらかじめ、オンプレミス環境での負荷状況をモニタリングしてベースライン(基準)を確立しておくことが重要になる。

 本資料では、クラウドへの移行プロセスの概要を説明し、効果的に計画を立ててワークロードをクラウドに移すための手法について説明する。適切なベースラインの設定から、「移行中にパフォーマンスに影響か出たかどうか」「ビジネス上の成果を達成したかどうか」を把握する方法などについて述べる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。