資料の紹介

 「インダストリー4.0」や「IIoT(産業分野向けIoT)」が、製造、消費者/小売、エネルギー/ユーティリティ、自動車、電気通信分野などさまざまな業界でトレンドとなっている。中でも製造業では、IIoTとインダストリー4.0の実現によって、多大な恩恵を期待できる。

 しかし、IIoT/インダストリー4.0システムを導入する際には、サイバーセキュリティが大きな懸念事項となる。従来型の運用技術(OT)システムでは、サイバーセキュリティが最優先事項でないことが多いため、インターネットや他のITシステムへの接続により、サイバー攻撃やデータ損失を促す弱点となってしまう危険性があるのだ。

 本資料では、産業用システムのサイバーセキュリティに対する4つの誤った通説が、現在の高度に相互接続された世界に当てはまらない理由を説明する。さらに、ITネットワークとOTネットワークの違いを示し、それらの違いを乗り越えて、組織がIIoT/インダストリー4.0システムへ移行する際に役立つベストプラクティスのガイドラインを示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。