資料の紹介

 かつて、新規顧客の開拓といえば、飛び込み営業やテレアポ、ダイレクトメールなど、企業側からの働きかけによって、接点を生み出す方法が主流であった。しかし今や、インターネット上には、口コミや競合他社による広告・宣伝などをはじめ、膨大な情報があふれている。顧客は知りたいことがあれば、いつでも、どこでも情報を入手できる。

 このような環境にあって、従来のような人的リソースに依存した営業手法は、もはや通用しない。たとえ過去に名刺交換をしていたとしても、自社製品・サービスが認知されておらず、比較検討の土俵にすら上がれないことも多い。営業が顧客と接点を持つ前から、顧客の興味・関心に応じた情報を届けられるマーケティングの仕組み作りが不可欠だ。

 本資料では、誰でも始められるマーケティングのノウハウと、デジタルマーケティングによって営業スタイルを一変させた中堅企業の成功事例を紹介する。マーケティングと聞くと、多額の予算をかけた広告・宣伝活動を想起しがちだが、端的に言えば「売れ続ける仕組み」を作ることにほかならない。企業規模を問わず、勝ち残るために必須の取り組みと言える。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。