資料の紹介

 ビジネス環境の変化に素早く対応するために、ITシステムの開発担当者(Dev)と運用担当者(Ops)が互いの職務の壁を越えて連携・協力し、迅速なリリースを可能にする開発手法、「DevOps」に取り組む企業が増えている。しかし、導入したものの、期待したほどの速度、生産性、品質改善の向上を実現できていないと感じている企業もある。

 こうした企業に欠けているのは、「データの測定」であることが多い。DevOpsチームはスピードや自主性の阻害要因になると考えて測定をないがしろにしがちだ。だが、DevOpsのチームがうまく機能するためには、効果的なインシデント対応や複雑なマイクロサービスの理解に至るまで、正確なデータ測定が不可欠だ。

 本資料では、より迅速かつ効果的にDevOpsを進める方法を、実証済みのベストプラクティスとしてまとめている。DevOpsの成否は「データ」をいかに効果的に使うかに大きく左右される。DevOpsの効果を常に監視して関係者にフィードバックし、各工程を継続的に改善するためのプラットフォームが大きな助けとなる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。