資料の紹介

 WordPressは、美しいWebサイトを手軽に構築できるコンテンツ管理システム(CMS)として人気がある。現実に多くの企業がWordPressで自社サイトやキャンペーンサイトなどを構築している。そして最近は、オンプレミスで運用していたWordPressのサーバーをクラウドに移行する企業が増えている。クラウドを使うことでコストを抑え、サーバーの運用・管理からも解放されるからだ。

 しかし、クラウドを利用するには、ユーザー側で仮想サーバーの作成、セキュリティ設定などの初期構築が必要になる。これには、ある程度のITの知識が必要だ。また、思わぬアクセス数の増加によって、高額なデータ転送料金が請求される可能性もある。さらに、クラウドで複数のWordPressサイトを運用するには、予想以上の手間がかかる。

 本資料では、企業がクラウドでWordPressを運用する際に直面する3つの課題とその解決方法を解説している。WordPressのクラウド移行を検討している企業はもちろん、これからクラウドサーバーで新しいWordPressサイトを立ち上げる企業も、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。