資料の紹介

 発注者や設計事務所、協力会社、メーカーなど多数の関係者とのコラボレーションが求められる建設業では、生産性の向上が急務となっている。大手ゼネコンの竹中工務店では建設プロジェクトの情報共有にクラウドサービスを活用。設計図書や工事写真、議事録などのコンテンツをタイムリーに共有することで効果をあげている。

 建設業界における社外とのデータ共有方法としては、出来上がったCAD図面などをメールに添付して受け渡すことが以前は一般的だったが、最近ではクラウド上で最新情報を随時共有しながら、企業間コラボレーションを進めるスタイルへの移行が進んでいる。そこで課題となるのが、セキュリティや信頼性をいかにして確保するかということだ。

 本資料では、「竹中スマートワーク」の名のもと、「いつでもどこでも仕事ができる環境」の構築・拡充を進める同社が、各地に分散した多数の関係者がコラボレーションする建設プロジェクトのムダをどのように削減し、生産性向上や働き方改革につなげているのかを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。