資料の紹介

 働き方改革を推進する企業にとって、場所を問わないリモートワークは成否の鍵を握る。シンクライアント端末を用いたVDI(仮想デスクトップ環境)は解決策の1つだが、パフォーマンス、快適な接続性、セキュリティ要件などを熟慮する必要がある。そのため、なかなか導入に踏み切れないケースも多いのではないだろうか。

 特に規模が大きくなるほど導入の壁は高くなる。社員の働くスタイルは在宅ワーク、外出先での営業報告、委託先での常駐作業とさまざまで、その作業内容もオフィスワークからシステム開発まで多岐にわたるからだ。これらを集中的に管理・運用しながら作業効率を向上させるためには、VDIの豊富な導入実績を持つITパートナーの存在が欠かせない。

 本資料では、こうしたITパートナーのサポートにより最新VDIへの理想的な移行に成功した事例を取り上げている。きっかけは約2000人が利用していた旧シンクライアントシステムのサポート切れだった。新規導入後は、登録ユーザー数が4000人に増加。パフォーマンスも十分で、柔軟にセキュリティ要件に対応できているという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。