資料の紹介

 ビジネスのペースはますます加速しており、意思決定サイクルは短く、データ量は指数関数的に増えている。こうした状況の中で、企業のビジネス部門は、意味あるデータに素早くアクセスして隠れていた機会を発見し、より良い意思決定をしたいと考えている。

 しかし、レポートや変更に対するビジネス部門からの要求が増加している一方で、IT部門における分析作業と要件管理に必要なリソースは増えていないどころか、削減されていることすらある。そのため、テストやコンプライアンスの確認、再モデリングなどが必要な従来の方法では、ビジネス部門が満足する期限内に結果を返せなくなっている。

 この動画では、こうした状況の中でIT部門はどうすれば、ビジネス全体の状況をリアルタイムに反映したレポートを作成し、業務部門が正確で迅速な意思決定をする手助けができるのかを探っていく。実は、人間の先入観による影響を減らした直感的な方法でこれを実現する方法はすでに存在し、より良くより速い意思決定が可能になっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。