資料の紹介

 日常的に“お金”と向き合う経理部門は、間接業務の中でもなくてはならない陰の主役である。その一方でお金の流れは企業を動かす人の活動にひもづくもので、従業員のみならず仕入先や取引先、銀行などさまざまな因子が関わってくる。そのため効率を上げるためには、ITツールの導入が必須である。

 現場には課題が山積している。例えばM&Aを重ねて子会社が増えたことで伝票入力作業に振り回されるようになったり、タイムリーな資金繰り管理に苦慮したり、経験を必要とする勘定科目の仕訳入力に時間を取られたりといった具合だ。企業規模が大きくなるほど問題は複雑になり、煩雑でアナログな作業が増加する。経理部門のマネジメント層は日々の業務に頭を悩ませることになる。

 本資料では、ITツールの導入によって経理や会計上の課題解決を果たした10の事例を詳細に解説している。日々の経理・総務業務を効率化し、高度な仕事に時間を割いてもらうために業務を徹底的に効率化するヒントを掲載している。アパレル、飲食、製造、卸売、広告、医療機器と業種も多岐にわたるため、同様の悩みを抱える担当者にとって自分たちと近い“あるある”のケースを見出しやすいだろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。