資料の紹介

 コスギ不動産は、不動産の売買・賃貸、仲介業務を展開する熊本の総合不動産会社だ。管理戸数は1万6000戸に上り、民間以外に公営賃貸住宅の指定管理業務も受託している。不動産業界は、長らくアナログ業界と呼ばれてきたが、最近は「不動産テック」と呼ばれるように、ITで業務改革に取り組む企業が増えている。

 コスギ不動産も例外ではない。特に同社が取り組んだのが、電子署名による契約業務のペーパーレス化と決済サービスの連携だ。契約を電子化してペーパーレス化を実現し、さらに更新手数料の請求・支払いまでをデジタル化することで、顧客と管理会社の双方にメリットのある仕組みを構築した。

 たとえば、部屋を賃貸する側は、これまでは郵送で届く振込書を使ってコンビニ等で支払う必要があった。しかし、現在はスマートフォンだけで手数料を支払えるようになった。また、管理会社側も、契約更新後にすぐに手数料の入金を確認可能になり、未払いそのものがなくなって、結果として契約の未更新も減った。契約のペーパーレスから決済までを一気通貫にデジタル化した、業界注目の不動産テックの最新事例だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。