資料の紹介

 あたかも人間のように人と会話をするプログラム「チャットボット」。最近は、自然言語解析やキーワード解析を行う専用AIエンジンにより、ユーザーが質問を入力すると的確に回答してくれる。自動応答システムとしてカスタマーセンターやヘルプデスクをはじめ、多くのビジネスシーンで利用が広がっている。業務効率化のために今すぐ導入したいという企業は多い。しかし、導入時はもちろん、導入後も会話品質の維持・向上のためにAIに学習をさせる必要があり、学習データの作成にコストや時間がかかることが課題になっている。

 「AIが最初から賢い状態で利用できる」「専門家でなくても、学習データを手軽に作れる」「素早く学習データを準備でき、改善のサイクルを早く回せる」――。もしこのようなAIチャットボットがあれば、最初から品質の高いシステムを迅速に導入できるようになるはずだ。

 本資料では、AIチャットボットの課題をQCD(品質、コスト、納期)の観点から整理。AIチャットボット選びのポイントについて詳しく解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。