資料の紹介

 電子部品は、携帯電話やコンピューターなどの電子情報機器はもちろん、自動車や航空宇宙といった分野でも、性能を決めるキーパーツとしてたくさん使われるようになってきた。このような電子部品に不良や欠陥があると、機器の故障や、人命に関わる重大な事故を引き起こしかねない。機器メーカーやサービス事業者の経営を揺るがす可能性さえある。

 こうしたリスクを回避するために、電子部品メーカーには、信頼性を確保した部品の供給が求められている。電子部品の信頼性を保証する規格として「IPC規格」が広く利用されている。このIPC規格の順守を部品メーカーが保証するためには、従来の光学的検査や電気的試験では見つけられなかった欠陥まで検出できる、高度な検査技術が必要になる。その手法がX線検査だ。

 本資料では、X線検査の有効性について、具体例を挙げて解説する。例えば、自動車や航空宇宙の分野ではIPC規格のどのクラスまで順守する必要があるのか。また、なぜX線検査が有効なのかを、半導体、PCBアセンブリー、リチウムイオン電池といった部品ごとに、具体的に説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。