資料の紹介

 多くの企業でデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが本格化しつつある。例えば、Slackをはじめとするビジネスチャットと既存の業務システムやクラウドサービスを連携させて、顧客サポートの業務スピードを大きく高めつつ、サービスメニューも拡充する、といった取り組みなどがあげられる。

 一方でDXに対応できない組織は競争力を失うリスクが出てきた。先進的な異業種企業が市場参入し、脅威になる可能性もある。こうした状況下、IT部門はさまざまなツールやサービスを連携させてビジネスプロセスを組み合わせようとしているが、スピードの面からも開発リソースの面からも、課題の解決には至っていないのが現状だ。

 本資料では、この課題を解消する手段としてiPaaS(integration Platform as a Service)の活用を提案する。プログラミングをすることなく、ブラウザー上でアプリやクラウドサービスを選んだり、パラメーターを設定することで連携機能を開発できる。あわせてiPaaSソリューションの選定にあたって重視すべき要件や典型的なユースケースも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。