資料の紹介

 様々な業界でデジタルトランスフォーメーションが加速し、ビジネスモデルも刻一刻と変化している。IT部門は、ビジネスの成功をサポートするために、敏しょう性と柔軟性を兼ね備えたITを提供することを強く求められている。

 そんな中、多くの業界でクラウドは避けられない選択肢だと考えられているが、セキュリティや法規制などの制限、これまでの設備投資、パフォーマンスなどの要件を満たすため、依然としてオンプレミスのソリューションが必要なケースもある。

 本資料は、自社のITインフラをオンプレミスで運用しながらも、“使っただけ課金”というクラウドの利点も享受できることをうたったインフラサービスについて、経済効果を評価した報告書である。同サービスを2年以上利用する5社へのヒアリングから、投資回収期間や投資収益率、市場展開時間の短縮やITリソースの節約効果などを定量的に見積もっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。