資料の紹介

 リーマン・ショックや東日本大震災といった歴史的転換点を経ながら、日本製品の世界シェアは低下を続けてきた。製品に対する値下げ圧力は高まり、部品単価の下落も止まらない。その結果、国内工場の多くが加工単価の下落や材料費の高騰にあえいでいる。

 これからの工場が利益を生み出すためには、単に生産効率を高めるだけにとどまらず、多品種少量に対応しつつ、品質管理の水準も引き上げ、不良率を減らして歩留まりよく生産することが求められる。急務となるのは、属人的な管理体制を見直すことだ。作業の進捗や製品・在庫量の可視化、納期のシミュレーション、調査工数や間接工数の削減などを可能にする生産管理システムの導入が欠かせない。

 本資料では、部品加工や組み立て、生産計画の立案支援、過去のトラブルなどを表やグラフで可視化する生産管理システムと、多品種少量生産や設備の稼働率向上を目指した作業支援システムを紹介する。製造業の現場から寄せられた声を基に開発したシステムは、製造歩留まりの向上と、工場の収益改善に役立つという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。