資料の紹介

 すべての航空機は、監督機関から耐空証明の認定を受けなければ運行することができない。耐空証明とは、航空機が設計基準を満たし、十分な強度と操作性、安定性を備えて いることを認めるもので、航空機の所有者、運航者は、耐空証明を維持していることを定期的に証明する責任がある。これには膨大な手間と時間がかかる。

 航空機は何十年にもわたって使用されるため、必要な情報が入手できなくなったり、さかのぼって情報収集する作業が発生することもある。整備や修理に使用する部品の情報が原設計に含まれていないことがあるため、元々の製造企画書、仕様書、図面、材料表など多岐にわたる書類を保管しておく必要もある。多くのエンジニアと設計者に尋ねながら技術的なデータを集めて整理する作業が発生する。

 そんな場合に力を発揮するのがデジタル認証管理だ。本資料はデジタル認証管理を使って耐空証明を管理・検証したユースケースを解説している。デジタル認証管理を使えば耐空証明を受けたことの記録を保管するほか、部品をどこで製造したか、部品の解析はされているか、どこで最終承認を得たのかといった情報の追跡もできる。コスト削減だけでなく、エラーの発生を未然に防ぎ、安全性を高めることにもつながる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。