資料の紹介

 少子高齢化に伴う人手不足と働き方改革を背景に、業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)を導入する企業が増えている。ExcelなどのOfficeアプリケーション、Webブラウザー、財務・会計などの基幹システムなどの定型処理を登録して自動化できるRPAは、人手不足を解消し、生産性を向上する切り札として期待されているのだ。

 ところが、実際に導入しても、操作が難しかったり、専門的な知識やプログラミングのスキルが必要になったりして、十分に使いこなせないケースは少なくない。また、自動化には成功しても、毎年のライセンス料の負担が予想以上に重いという声もあるようだ。

 こうした課題を解決するには、RPA製品の中身を事前にしっかりと確認する必要がある。たとえば、処理の発端となるトリガーの数もその1つだ。「特定のフォルダにファイルが追加された」「特定のウィンドウが表示された」などのトリガーの数は、RPAの使いやすさを計る1つの指標になる。本資料では、豊富なトリガーを備え、マウス操作でロボットを開発できて、かつ低コストで利用できる新しいRPAとその導入事例を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。