資料の紹介

 企業における人事評価の手法は多様化している。だが、どんな手法を用いるにせよ、重要なのは「公正な評価」と「効率的なフロー」だ。人事評価の本来の目的は、社員のスキルやモチベーションを向上させ、一人ひとりの個性や強み弱みを反映した人員配置を実現することで、企業の成長を促すことにあるからだ。

 しかし、社員が評価に納得していなかったり、非効率で煩雑なフローによって評価担当者の負担が増大したりと、人事評価に課題を抱えている企業は少なくない。適切な人事評価ができていない企業は、働きやすい環境を社員に提供できず、結果として離職率が高まることにもなる。

 本資料では、これらの課題を解決するために有効な、人事評価フローにおける5つのチェックポイントを解説する。自社の人事評価フローのどこに課題があり、それによってどんな問題が起こっているのかを認識することが、「公正な評価」と「効率的なフロー」の実現に向けた第一歩となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。