資料の紹介

 メールや電話ではカバーできないニュアンスを伝える手段として、Web会議システムの注目が高まっている。働き方改革の後押しもあり、移動時間の削減や遠隔地にいる社員との円滑なコミュニケーションツールとして急速な普及が進む。直近ではコロナウイルスの影響により、早急にリモートワークへの対応に迫られている企業も多いことだろう。

 Web会議システムは千差万別だ。すでに導入済みであってもコスト面を重視して大手プラットフォーマーが提供する無料ツールや、安価で“そこそこ”のシステムで済ませるケースも少なくない。しかし通信状況に不安があったり、接続数に制限があったり、不正アクセスに対するセキュリティ対策がなされていなかったりと、結果的に運用に関する課題が噴出する。その結果、社内での活用が進まない悪循環に陥ってしまう。

 本資料では、生産性向上を図るために「Web会議システムに何が必要なのか」を詳細に解説している。そして少人数から大人数までの多様な目的やマルチデバイス環境に対応し、誰もが使いやすい操作性を備え、ほかのツールとの柔軟な連携が充実していることが重要だと説く。実現に向けたチェック項目と構築ポイントも記載されており、Web会議システムを導入したいと考える企業にはうってつけの資料である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。