資料の紹介

 消費者主導の社会への変化とデジタル化の波が製造業・ものづくりの現場に押し寄せ、それを支える産業機械の分野も大きな変革期にある。消費者主導の社会では、よりきめ細やかなニーズに対応してカスタマイズした製品へのニーズが高まり、メーカーには短い開発期間で多くの多様性を持った製品を開発することが求められている。そのため機械メーカーは、柔軟性が高く、高度に自動化された機械を製作し、製造業者が消費者の要求を満たせるような機械を開発しなければならない。

 一方で熟練労働者の不足により、スマートマニファクチャリングによる工場作りも重要になってくる。ロボットによる自動化、IoTデバイスやセンサーの増加により、ソフトウエアの重要性が増すとともに複雑さは増大する一方だ。

 本資料では、こうした新しい時代に産業機械分野で力を発揮するデジタルツインについて解説する。実際に存在する機械などの情報を、IoTなどを活用してバーチャルな空間に再現した“双子(ツイン)”を作るのがデジタルツインだ。この環境の上で現実のモニタリングやシミュレーションなどを行うことができ、その結果から、将来の故障や変化も予測できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。