資料の紹介

 製造業などにおけるB2Bの企業間購買で、電子商取引(EC)に対する期待が高まっている。50%の企業が「B2Cの買い物のように簡単にECサイトで購買をしたい」と考えており、また供給者の立場でも37%の企業が「ECはコスト削減と事業成長をもたらす。導入すべきだ」と考えているという調査結果も出ている。

 しかし、企業間購買にECを導入している企業の多くは、既存のECサービスに不満を持っている。「70%の企業が既存のECサービスの内容は不十分と考えている」という調査結果もある。企業間取引の場合、「取引先ごとに異なる対応がしたい」「注文を見て営業やサポートにつなげたい」「パターン化している注文を容易に済ませたい」といった、B2Cにはない要求があるからだ。

 本資料では、こうした課題の解決を図った、製造業向けECサービスについて紹介する。(1)B2CのECサイトと同様に簡単に購買できる、(2)製造業ならではの様々な要望や商習慣に対応できる、(3)顧客管理機能を統合することで顧客の購買情報を社内で共有し、迅速かつ的確なサービスや営業活動を可能にする、という3つの特徴を併せ持つ。ECサービスが、顧客の購買体験をどう変え、満足度を上げながらコスト削減を図れるのかを確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。