資料の紹介

 あるアナリストの予想によると、「熟練工が必要な仕事なのに、熟練工がいないために進まなくなる仕事が2025年までに200万件に及ぶ」という。熟練工の不足から、ある仕事に必要な技能を備えた人材が足りない、という「スキルギャップ」が深刻化しているのだ。熟練工の高齢化に加え、次世代の熟練工を育てる教育体制の欠如、ほかの職種・業界への流出という人的問題に加え、仕事量の増加と多様化、仕事の属人化といった仕事環境の変化も問題となっている。

 スキルギャップを埋めるには、熟練工を少しでも長く勤務できるような体制を整え、現状働いている熟練工を効率よく活用すること、そして新たな人材を確保する教育体制の整備が重要だ。こういった体制を整えるときに便利なのが「拡張現実(AR)」の活用である。製品情報の視覚化や作業手順の可視化、遠隔地からの専門家のサポートにより、場所や時間、それに伴うコストに縛られることなく、より効率的な人材育成が可能になる。

 本資料では、製造業界の人材育成の課題から産業用拡張現実の活用による効果を解説。併せて、「スキルギャップ」の解消に役立つARソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。